薬剤師として転職をして成功

薬剤師として働いていたが人間関係が悪いのを耐えていた

大学を卒業してからずっと自宅の近くの規模が小さい調剤薬局で働いていました。
でもそこは本当に人間関係が最悪で、何年もそれに耐えながら仕事をしていたのです。
人数が少ないのでそこで働いているボスに嫌われてしまったら終わりだと思ったので、とにかくボスに好かれるようにいつも機嫌をとっていたという感じです。
仕事さえ真面目にして、ボスに好かれていればいいと思って耐えていたのですが、本当にこれでいいのかなと思うことが増えてきました。
もっと自分の力を試したい仕事が多くあるのに、その調剤薬局のボスはあまり新しいことをさせてくれなかったのです。
もっと新しい仕事をしてみたいということをちらっといったことがありますが、その日は一日目も合わせてくれませんでしたし逆らうことはできないと感じました。

でもせっかく何年も大学に通ってとった資格です。
薬剤師として働くことが夢で、やっと働くことができているのにこの人間関係の中で自分を偽って働くことに疲れてしまいました。
もしも自分がここをやめて転職をしたら、ボスに何を言われるか分かりません。
最初はそれは怖いと思ったのですが、このまま我慢してここで我慢して働き続けることを考えたら、すぐにでも辞めて新しいところで心機一転頑張る方がいいと思ったのです。

薬剤師として働いていたが人間関係が悪いのを耐えていた転職を決意し薬剤師専門の転職サイトの利用で転職新しい職場は仕事も楽しく多くのことを吸収できて成長できる